ウェルネスダイニング公式Blog

外食・コンビニでの食事のポイント≪コンビニ編-主食の場合-≫

「自宅で毎日調理をするのが大変!外食やできあいのものもたまには食べたい!」そんなときもありますよね。そこで、外食やコンビニでの食事の選び方のコツをご紹介します。今回は【コンビニ編-主食の場合-】です。食事制限があっても、選び方のコツを押さえて、外食やお惣菜をうまく取り入れましょう!

コンビニでの食事の選び方のコツ~主食の場合~

おにぎりorサンドイッチ×菓子パンがオススメ!

おにぎりは1つあたり塩分が1g~2g程あり、ものによっては2つ食べると塩分が多くなってしまう場合があります。
そこでおすすめなのが「えびマヨ」や「ツナマヨ」などのマヨネーズで味付けしているおにぎり!マヨネーズ系のおにぎりは比較的塩分が低く、かつカロリーも高めのためオススメです。
五目おにぎりやわかめおにぎりなどの味付きごはんは塩分が高めのため、選ぶ際には「おにぎり×おにぎり」ではなく、「おにぎり×菓子パン」と組み合わせると塩分も抑えられ、カロリーも摂ることができます。
また、「菓子パン×サンドイッチ」もオススメ。サンドイッチは野菜やたんぱく質が取れますが、300kcal程度と低カロリーなため1つだけではエネルギー不足になることも。菓子パンとあわせてしっかりエネルギーを確保しましょう。

お弁当は副菜多めのものにしましょう!

お弁当を選ぶ時はたんぱく質が多くなりすぎないために、なるべく品数の多いもので、肉・魚のメインが1つか2つの副菜の種類が豊富なお弁当を選んでみてください。
汁があるラーメン・うどんは汁を残して塩分を制限しましょう。あんかけやきそばも「あん」を残して塩分カットを心がけましょう。

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る