ウェルネスダイニング公式Blog

コロッケ

じゃがいもを粗めにつぶして、食感を残したボリューム満点のコロッケです。

コロッケ

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー : 284kcal
  • たんぱく質 : 8.5g
  • 食塩 : 0.9g
  • カリウム : 397mg
  • リン : 92mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ :  主菜
  • ジャンル : 洋食
  • 種別 : 肉
  • 調理時間 : 40分
  • 管理栄養士 : 高安 ちえ

材料(1人分)

  • じゃがいも(皮をむき、小さめの乱切り) : 60g
  • たまねぎ(みじん切り) : 20g
  • 豚ひき肉 : 25g
  • サラダ油(たまねぎ、ひき肉の炒め油) : 2g
  • 精製塩 : 0.5g
  • こしょう : 少々
  • 薄力粉 : 3g
  • 全卵 : 10g
  • パン粉 : 7g
  • サラダ油(揚げ油) : 適量
  • キャベツ(千切り) : 50g
  • レモン(くし切り、1/10カット) : 10g
  • 中濃ソース : 5g

食材選びPOINT

塩分を控えて酸味をプラス!

市販のドレッシングには塩分が多く含まれています。 レモンをかけることで塩分を含まず、付け合わせの野菜も食べられます!

 

作り方

1. みじん切りにした玉ねぎ、千切りにしたキャベツをそれぞれ5分程度茹で、しっかり水気を切る。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。 腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます! また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

 

2.皮をむき小さめに切ったじゃがいもを柔らかくなるまで茹でる。

調理法POINT

じゃがいもは小さく切ってから茹でましょう!

じゃがいもはカリウムが多い野菜の代表です。しかし小さく切ってから茹でればカリウムも抜けやすく、食べることが出来ます。 多少じゃがいもが崩れても、この後つぶすので問題なし!

 

3. じゃがいもを熱いうちにつぶす。

 

4. フライパンに油をしき、ひき肉と玉ねぎを中火で炒める。

 

5. ボウルにつぶしたじゃがいも、炒めたひき肉と玉ねぎを入れ、塩、こしょうを入れ混ぜ成型する。

 

6. 5を小麦粉、卵、パン粉の順に付け、170℃に熱した油で揚げる。

調理法POINT

カロリーを高めよう!

腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本。 揚げ物にすることで簡単にカロリーを取ることができるので、オススメの調理法です。

 

7. 皿に6と茹でたキャベツ、レモン、ソースを添えて出来上がり。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 塩分を控えよう 

ドレッシングではなく塩分を含まないレモンで野菜を食べよう!

 カリウムは控えましょう 

野菜は切ってから、茹でるべし!

 カロリーを上げる工夫を! 

揚げ物料理にすることで不足しがちなカロリーを補えます。

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る