ウェルネスダイニング公式Blog

ハンバーグ

茹でた野菜を混ぜ込むことで彩りもキレイなハンバーグです。色々な野菜をひき肉に混ぜ込むことで、少ないお肉の量でもボリュームアップ!野菜を茹でてから調理すれば、カリウムを減らせます。

ハンバーグ

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:234kcal
  • たんぱく質:8.2g
  • 食塩:0.9g
  • カリウム:331mg
  • リン:86mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:主菜
  • ジャンル:洋食
  • 種別:肉
  • 調理時間:30分
  • 管理栄養士:高安 ちえ

材料(1人分)

  • 豚ひき肉:35g
  • たまねぎ(みじん切):20g
  • にんじん(みじん切):15g
  • さやいんげん(みじん切):15g
  • サラダ油(野菜用炒め油):5g
  • 牛乳:10g
  • パン粉:3g
  • 精製塩:0.2g
  • こしょう:少々
  • サラダ油(ハンバーグ炒め油):5g
  • 中濃ソース:5g
  • トマトケチャップ:5g
  • キャベツ(千切り):50g
  • 精製塩:0.1g
  • ミニトマト:10g

食材選びPOINT

塩分量が少ない調味料を選ぼう!

ソースやケチャップは実は塩分が少なめ。 野菜等をしっかり煮込み、凝縮させたものなので、塩分が少なくてもしっかり旨味を感じられる調味料です。 もちろん、塩分ゼロではないのでかけすぎには注意してくださいね。

作り方

1.みじん切りにしたたまねぎ、にんじん、いんげんを熱湯で5分程度茹でる。その後、同じ鍋で千切りにしたキャベツを5分程度茹で、流水で冷やし水切りする。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。 腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます! また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

2.フライパンに油をしき、中火にかけ、1で茹でたたまねぎ、にんじん、いんげんを炒める。

3.ボウルにひき肉、塩、こしょうを入れよく混ぜ、2とパン粉、牛乳を入れよく混ぜハンバーグの形に成形する。

調理法POINT

野菜を刻んで入れ事でボリュームUP!

色々な野菜を刻んで混ぜることで、少ない量のお肉でも全体的にハンバーグのボリュームを出す事が出来ます。

4.フライパンに油をしき、中火にかけ、3を焼く。両面に焼き色を付け、水を少量入れ蓋をして蒸し焼きにする。

5.4のフライパンに残った肉汁にケチャップとソースを入れ中火にかけ、軽く煮立たせる。

6.皿に茹でたキャベツ、ミニトマト、ハンバーグを盛り、5のソースをかけ出来上がり。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 塩分量の少ない調味料を選びましょう 

ソースやケチャップは他の調味料に比べて塩分量少なめのためオススメ!

 カリウムは控えましょう 

野菜は切ってから、茹でるべし!

 満足感が出るような工夫を 

少ないお肉でもボリュームを出すために、野菜を刻んで混ぜましょう。

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る