ウェルネスダイニング公式Blog

八宝菜

野菜をたっぷり使った八宝菜です。とろみを強くすると中華丼の具材にも使えます!さまざまな野菜を使うことで、ボリュームのある主菜に仕上がります。とろみで味がしっかり感じられるところが減塩のポイントです。

八宝菜

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:231kcal
  • たんぱく質:8.5g
  • 食塩:1.2g
  • カリウム:274mg
  • リン:109mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:主菜
  • ジャンル:中華
  • 種別:肉
  • 調理時間:30分
  • 管理栄養士:高安 ちえ

材料(1人分)

  • 豚バラ肉:30g
  • にんじん(短冊切り):10g
  • 白菜(ざく切り):40g
  • しいたけ(いしづきを取りスライス):10g
  • たけのこ(水煮 千切り、水煮のものを使用):10g
  • きくらげ(乾燥 水戻しして食べやすい大きさにカット):0.5g
  • さやえんどう(トッピング):5g
  • エビ:10g
  • ごま油:5g
  • [調味料A] こいくちしょうゆ:3g
  • [調味料A] 顆粒中華だし:1g
  • [調味料A] 精製塩:0.3g
  • [調味料A] 清酒:5g
  • [調味料A] 本みりん:5g
  • [調味料A] 水:100g
  • [水溶き片栗粉] 片栗粉:5g
  • [水溶き片栗粉] 水:5g

食材選びPOINT

ごま油を使って風味をプラス!

塩分を控えると薄味になりがちですが、ごま油を加える事で風味豊かな食事に大変身!

栄養価表記は要チェック!

調味料を使う時は、栄養価表示は必ずチェックしましょう。同じみりんでも、みりん風調味料には、塩分が入っているものがあります。選ぶときは必ず【本みりん】にしましょう。

作り方

1.きくらげは水で戻し、食べやすい大きさにカットする。

2.さやえんどうは筋を取り、白菜はざく切り、にんじんは短冊切り、しいたけ薄くスライスし、熱湯で5分程度茹で、水切りする。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。 腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます! また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

3.フライパンにごま油を入れ中火にかけ、豚肉を入れ、色が変わるまで炒める。

4.1と2のさやえんどう以外の野菜とエビ、たけのこを入れ、軽く炒める。

5.調味料Aを予めボールに混ぜておく。

6.4に5を入れ全体を混ぜ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

7.皿に盛り、さやえんどうをトッピングして出来上がり。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 塩の代わりに、香り豊かな食材をプラス!

ゴマの香りを使って風味豊かな食事に大変身!

 調味料の塩分量に気を付けて!

塩分を含まない本みりんを使いましょう。また顆粒だしを使う時は【塩分不使用】のものにしましょう!

 カリウムは控えましょう 

野菜は切ってから、茹でるべし!

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る