ウェルネスダイニング公式Blog

なすのひき肉はさみ揚げ

なすにひき肉を挟んでボリューミーに仕上げました!油の吸収率が高いなすを活用することで、手軽にエネルギーが補えます!だしや唐辛子でしっかりとした味つけになります。

なすのひき肉はさみ揚げ

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:228kcal
  • たんぱく質:8.1g
  • 食塩:1.0g
  • カリウム:346mg
  • リン:104mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:主菜
  • ジャンル:和食
  • 種別:肉
  • 調理時間:40分
  • 管理栄養士:神田 由佳

材料(1人分)

  • なす(縦4等分 1cm幅):70g
  • 豚ひき肉:35g
  • 玉ねぎ(みじん切り):10g
  • しょうが(みじん切り):2g
  • 片栗粉:4g
  • サラダ油(揚げ油):適量
  • こいくちしょうゆ:7g
  • 上白糖:3g
  • かつお・昆布だし(かつおと昆布からだしをとる):15g
  • さやいんげん(付け合わせ):10g
  • 一味唐辛子:少々

食材選びPOINT

効率よくカロリーを摂ろう!

腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本です。 なすは油を吸収しやすいため、揚げ物にするとよりカロリーをアップできます。また、表面積を広く切るとよりGOOD!

作り方

        

1.玉ねぎはみじん切りにし、3分茹で、水気をしっかりしぼる。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます!また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

2.なすは1cm幅で縦4等分に切り、20分水にさらす。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

なすは茹でると柔らかくなりすぎてしまう為、水にさらしてから使いましょう。 また、切ってからさらすとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

3.生姜は皮をむき、みじんぎりにする。

4.豚ひき肉に生姜、玉ねぎを入れ、良く混ぜ合わせる。

5.なすの水気をふき取り、片栗粉を片面にまぶす。

6.2枚1組にし、片栗粉をつけた側に4を半量ずつ挟む。

7.油をフライパンに入れ、160度に熱し、6を揚げる。

調理法POINT

カロリーを高めよう!

腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本。 揚げ物にすることで簡単にカロリーを取ることができるので、オススメの調理法です。

8.鍋にしょう油、上白糖、だしを入れ、温める。

9.いんげんは2cm幅に切り、茹でる。

10.なすを半分に切りお皿に盛り付け、たれと一味唐辛子をかけ、いんげんを添える。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 効率よくカロリーを摂ろう!

油を吸収しやすいなすを使えばカロリーアップが簡単です。

 カリウムは控えましょう 

野菜は切ってから、茹でるべし!

 カロリーを上げる工夫を!

揚げ物料理にすることで不足しがちなカロリーを補えます。

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る