ウェルネスダイニング公式Blog

豚肉のえのき巻き

薄切りの豚肉でもきのこに巻けばボリュームアップします!シャキシャキとした食感のえのきたけを使うことにより、歯ごたえの楽しい一品となりました。ご飯に合う照り焼き味にしたので、食欲も湧いてきますよ。脂身の多めな豚ばら肉をあえて使うことで、カロリーをしっかり摂ることができます。片栗粉をつけてから焼くことで、表面によくタレが絡み、少ない塩分量でもしっかり味を感じられますよ。

豚肉のえのき巻き

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:233kcal
  • たんぱく質:8.0g
  • 食塩:0.9g
  • カリウム:374mg
  • リン:139mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:主菜
  • ジャンル:和食
  • 種別:肉
  • 調理時間:20分
  • 管理栄養士:山口 裕子

材料(1人分)

  • 豚バラ肉:40g
  • えのきたけ(根元を切り落とす):60g
  • 片栗粉(肉巻きの表面にまぶす):3g
  • サラダ油(炒め油):3g
  • こいくちしょうゆ:6g
  • 本みりん:6g
  • 清酒:6g
  • ミニトマト:15g
  • パセリ:1.5g

食材選びPOINT

カロリーを高めよう!

腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本です。 豚肉は脂身の多いバラ肉を使うとエネルギーが補いやすい食材です。しゃぶしゃぶ用の豚肉を使うと肉巻きの個数が多くできますよ!

栄養価表記は要チェック!

調味料を使う時は、栄養価表示は必ずチェックしましょう。料理酒やみりん風調味料は塩分ゼロと思われやすいですが、実は塩分が入っているものがあります。選ぶときは必ず【清酒】、【本みりん】にしましょう。

作り方

      

1.豚肉を広げて、えのきを芯にして巻きます。

2.肉巻きの表面に薄く片栗粉をまぶす。

調理法POINT

味をしっかり感じられる工夫を!

薄味でも、片栗粉を付けてから焼くことで、タレがしっかり絡むため、中まで味が染みていなくても、味をしっかり感じられます。 そのため減塩食でも物足りなさなんて一切なし!

3.しょうゆ・みりん・酒はあらかじめ合わせておきます。

4.フライパンに油をひき、強めの中火にして肉巻きを入れて表面に焼き色をつけます。

5.弱火にして合わせ3の調味料を入れて蓋をして1~2分程度蒸し焼きにします。

6.えのきがしんなりとしてきたら、水分をとばすようにしっかりと調味料を絡めます。

7.皿に盛り、ミニトマトとパセリを添えて出来上がり。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 低たんぱく・高カロリー食材を選ぼう!

豚肉を使う時は豚バラ肉がオススメ!

 調味料の塩分量に気を付けて!

塩分を含まない清酒、本みりんを使いましょう。

 薄味でもしっかり味を感じられる工夫を取り入れましょう !

片栗粉を付けてから焼くことでタレがしっかり絡み、減塩でも物足りなさはありません!

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る