ウェルネスダイニング公式Blog

いかのチリソース

ケチャップで味つけしたいかのチリソースです。いかに大根をプラスし、低たんぱくかつボリューミーに仕上げました。いかを揚げることで手軽にカロリーアップ!また、ケチャップの活用で塩分が少なくてもしっかり旨味を感じられます。

いかのチリソース

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:160kcal
  • たんぱく質:9.0g
  • 食塩:㍘.9g
  • カリウム:382mg
  • リン:138mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:主菜
  • ジャンル:中華
  • 種別:魚介類
  • 調理時間:30分
  • 管理栄養士:神田 由佳

材料(1人分)

  • するめいか(1cmの短冊切り):45g
  • 片栗粉:5g
  • サラダ油(揚げ油):適量
  • だいこん(1cm幅の短冊切り):70g
  • 根深ねぎ(みじん切り):9g
  • おろしにんにく:0.1g
  • 唐辛子(輪切り):0.1g
  • サラダ油(炒め油):2g
  • [調味料A]上白糖:2g
  • [調味料A] 清酒:0.5g
  • [調味料A]穀物酢:2g
  • [調味料A]こいくちしょうゆ:2g
  • [調味料A]ケチャップ:7g
  • [水溶き片栗粉]水:10g
  • [水溶き片栗粉]片栗粉:0.5
  • チンゲン菜(付け合せ用 2cmほどに切る):20g

食材選びPOINT

塩分を控えて酸味をプラス!

塩分を控えると薄味になりがちですが、お酢を使うことで酸味が加わり、風味豊かな食事に大変身! お酢は塩分を含まないため、腎臓病食の強い味方です。

作り方 

1.大根は皮をむき、1cm幅の短冊切り、チンゲン菜は2cm幅に切り、1分茹で、水気をしっかり切ります。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。 腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます! また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

2.根深ねぎはみじん切りにします。

3.いかは1cm幅の短冊切りにし、水気を拭き取ってから片栗粉を付けます。

4.フライパンに油を引き、いかを揚げます。

調理法POINT

カロリーを高めよう!

腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本。揚げ物にすることで簡単にカロリーを取ることができるので、オススメの調理法です。

5.調味料Aをあらかじめ混ぜ合わせます。

6.フライパンに油をひき、にんにくを入れ、香りがしてきたらいか、大根、根深ねぎを入れます。

7.5で合わせた調味料Aを加え、全体を混ぜ合わせ、最後に水溶き片栗粉を加え、さらに炒めます。

8.お皿に盛り付け、その後ろにチンゲン菜を盛り付けます。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 調味料の塩分量に気を付けて!

塩分を含まない清酒を使いましょう。

 塩分量の少ない調味料を選ぼう!

ケチャップは他の調味料に比べて塩分量少なめのためオススメ!

カリウムは控えましょう !

野菜は切ってから、茹でるべし!

 カロリーを上げる工夫を!

揚げ物料理にすることで不足しがちなカロリーを補えます。