ウェルネスダイニング公式Blog

鶏肉の千切りポテトフライ

鶏肉にせん切りしたじゃがいもを衣にして揚げたポテトフライです。じゃがいもを衣にすることでボリューム感を出し、簡単にカロリーを補えます。さらにマヨネーズを活用することで塩分が少なく、かつカロリーもアップ!

鶏肉の千切りポテトフライ

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:193kcal
  • たんぱく質:8.1g
  • 食塩:0.5g
  • カリウム:313mg
  • リン:87mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:主菜
  • ジャンル:洋食
  • 種別:肉
  • 調理時間:20分
  • 管理栄養士:山口 裕子

材料(1人分)

  • 鶏むね肉(皮なし、15g×2切れのそぎ切り):30g
  • 精製塩(鶏肉の下味):0.2g
  • こしょう(鶏肉の下味):少々
  • じゃがいも:30g
  • 薄力粉:5g
  • ケチャップ:5g
  • マヨネーズ:5g
  • サラダ油:8g
  • サニーレタス(付け合わせ):2g
  • ミニトマト(付け合わせ):15g

食材選びPOINT

塩分量が少ない調味料を選ぼう!

ケチャップは実は塩分が少なめ。野菜等をしっかり煮込み、凝縮させたものなので、塩分が少なくてもしっかり旨味を感じられる調味料です。もちろん、塩分ゼロではないのでかけすぎには注意してくださいね。

マヨネーズは腎臓病食の味方!

マヨネーズは塩分が少なく、高カロリーな為、腎臓病食に向いている調味料です。

作り方

1.じゃがいもは薄くスライスして細い千切り、サニーレタスは1口大、ミニトマトは半分に切り15分ほど水にさらす。

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。 腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます! また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

2.鶏肉に塩・こしょう・薄力粉の順につけ表面がしっとりするまで置く。(小麦粉の粉っぽさがなくなるまで置くことでじゃがいもがつきやすくなります。)

3.せん切りしたじゃがいもを鶏肉の表面にしっかりと抑えながらつける。

調理法POINT

カロリーを高めよう!

腎臓病食は低たんぱく・高カロリーが基本。じゃがいもの衣にすることで、パン粉などの衣よりも高カロリーで食べ応えのある一品に仕上がります。

4.フライパンに油をひき、鶏肉を入れ中火で衣のじゃがいもがきつね色になるまでじっくりと焼く。

5.サニーレタス・ミニトマトを添え鶏肉の上にケチャップとマヨネーズを混ぜたソースをかける。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 塩分を控えて、酸味をプラス 

お酢の酸味を使って風味豊かな食事に大変身!

 カリウムは控えましょう 

野菜は切ってから、茹でるべし!

 薄味でもしっかり味を感じられる工夫を取り入れましょう 

あんかけ料理にすれば減塩でも物足りなさはありません!

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る