ウェルネスダイニング公式Blog

ナスとピーマンの鍋しぎ

なすとピーマンを甘めの味噌味に仕上げた和風の炒め物です。調味料は予め混ぜておく事で全体に味を絡めやすくなります。とても簡単にできるので忙しい朝や1品増やしたいときにどうぞ。

ナスとピーマンの鍋しぎ

《栄養成分値(1人分)》

  • カロリー:66kcal
  • たんぱく質:0.6g
  • 食塩:0.2g
  • カリウム:73mg
  • リン:11mg

《レシピ詳細》

  • カテゴリ:副菜
  • ジャンル:和食
  • 種別:
  • 調理時間:10分
  • 管理栄養士:高安 ちえ

材料(1人分)

  • なす(横1/2カットし、0.5mm幅の千切り):20g
  • ピーマン(0.5mm幅の千切り):15g
  • [調味料A] みそ:2g
  • [調味料A] 本みりん:2g
  • [調味料A] 上白糖:1g
  • [調味料A] 水:2g
  • ごま油:5g

食材選びPOINT

栄養価表記は要チェック!

調味料を使う時は、栄養価表示は必ずチェックしましょう。同じみりんでも、みりん風調味料には、塩分が入っているものがあります。選ぶときは必ず【本みりん】にしましょう。

ごま油を使って風味をプラス!

塩分を控えると薄味になりがちですが、ごま油で炒める事で風味豊かな食事に大変身!

作り方

1.野菜を切ってから熱湯で5分程度茹で水切りする。(同じ鍋でOK)

調理法POINT

カリウムを控えよう!

野菜はカリウムを多く含んでいます。 腎臓に負担をかけないように、野菜を茹でてから使うと、カリウムを控えることが出来ます! また、切ってから茹でるとよりカリウムを減らすことができるのでGOOD!

2.ボウルに調味料Aを入れ混ぜておく。

3.フライパンにごま油をしき中火にかけ、1を入れ軽く炒め、2を入れ全体に絡むまで炒める。

4.皿に盛り出来上がり。

腎臓病の方向け食の調理ポイントまとめ

 調味料の塩分量に気を付けて 

塩分を含まない本みりんを使いましょう。

 塩の代わりに、香り豊かな食材をプラス 

ゴマ油の香りを使って風味豊かな食事に大変身!

 カリウムは控えましょう 

野菜は切ってから、茹でるべし!

毎回食事を作るのは大変…という方にはこちらがオススメ!

「毎食自宅で作るのは忙しいし、大変…」「自分で作ってみたものの腎臓に負担が掛からないか不安だわ…」、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には宅配食がオススメ!管理栄養士が栄養計算をした調理済みのおかずが冷凍で届きます。腎臓病の方向けのたんぱく質や塩分を調整した食事を、普段のお食事の代わりに1日1食置き換えるだけで、食事準備の負担が減りとても便利ですよ。

食事制限は「続けること」が大事。毎日の食事制限を続けるために、是非宅配食を利用してみてはいかがでしょうか。

 


腎臓病向け宅配食を見る